cloud

クラウドコンピューティングの概念と種類

 

近年一層盛り上がりを見せるクラウドコンピューティングについて概念と種類を解説します

 

クラウドコンピューティングの概念

 

クラウドコンピューティングは、ネットワーク経由でITインフラストラクチャおよびアプリケーションを従量課金制でユーザに提供する機能です。

 

例として以下のような特徴を持ちます。

 

・分散ストレージ

・容易なスケールアップ、スケールダウン

・幅広いネットワークアクセス

・仮想化

・リソース共有

 

クラウドコンピューティングの種類

 

クラウドコンピューティングの種類は「IaaS」「PaaS」「SaaS」の3 つです。

 

IaaS(Infrastructure as a Service)

 

IaaSはサービスとしてのインフラストラクチャという意味です。

サービスAPIを通じて管理できる仮想マシンとその他の抽象化ハードウェアおよびオペレーティングシステムを提供します。

まずはOSを提供するものという認識で問題ありません。

 

サービス例

・Amazon EC2

・Windows SkyDrive

 

PaaS(Platform as a Service)

 

PaaSはサービスとしてのプラットフォームという意味です。

 

登録者がカスタムアプリケーションの開発に使用できる開発ツール、構成管理、及びプラットフォームをオンデマンドで提供します。

 

OS機能に加えて、開発環境が整っているサービスという認識で問題ありません。

 

サービス例

・Google App Engine

・Microsoft Azure

 

SaaS(Software as a Service)

 

SaaSはサービスとしてのソフトウェアという意味です。

 

インターネットを通じてオンデマンドで登録者にソフトウェアを提供します。

ざっくりPaaSとの違いは開発環境ではなく一種のアプリケーションとしての形で提供されることです。

 

サービス例

・Googleドキュメント

・Salesforce CRM

 

-cloud

© 2021 ストロテクトNote