attack

DoS攻撃とDDoSとDRDoS攻撃の違い

 

DoS攻撃とDDoS攻撃とDRDoS攻撃の違いについて解説します。

 

両者の違い

DoS攻撃

 

DoS攻撃は日本語ではサービス拒否攻撃です。

コンピュータ、またはネットワークに対して不正なサービス要求またはトラフィックで標的のシステムを溢れさせ、そのリソースに過負荷をかけます。

 

DDoS攻撃

 

DDoS攻撃は日本語では分散型サービス拒否攻撃です。

多数のボットを利用してターゲットを攻撃します。

 

DRDoS攻撃

 

DRDoS攻撃はスプーフィング攻撃とも呼ばれます。

その名の通り攻撃に役立つ複数の中間マシンや二次マシンを使用します。

 

攻撃の細かい概念の種類

 

DoS攻撃、DDoS攻撃ともに、もう少し細かい攻撃のカテゴリ分けを行うことができます。

 

帯域消費型攻撃

 

ターゲットのネットワークまたはサービスの帯域幅を消費します。

攻撃の規模はbps単位で測定されます。

 

例)

UDPフラッド攻撃

ICMPフラッド攻撃

Ping of Death 攻撃

Smurf攻撃

 

プロトコル攻撃

 

ロードバランサ、ファイアウォール、およびアプリケーションサーバなどにおけるコネクション数などのリソースを消費します。

攻撃の規模はpps単位で測定されます。

 

アプリケーション層攻撃

 

アプリケーションリソースまたはサービスを消費することにより、他の政党なユーザーが利用できなくなります。

 

攻撃の規模はrps単位で測定されます。

 

-attack

© 2021 ストロテクトNote