Network

フラグメントとは

投稿日:

 

ネットワークにおけるフラグメントについて解説します。

 

フラグメントとは

 

ネットワークにおいて一定の大きさを超したデータを分割して送信する仕組み。

IPフラグメンテーションとも言います。

一方フラグメントをもとに戻すことはリアセンブルと言います。

 

フラグメントはルータに負荷がかかる

 

大きすぎるパケットを分割してくれるフラグメントは便利に見えますが、ルータのCPUを消費するために伝送能力が落ちるなどの問題もあります。

 

 

パス MTU ディスカバリー

 

上記の問題を解決してくれるのがパスMTUディスカバリーです。

パスMTUディスカバリーはICMPのエラーコードを返してネットワークの経路を伝えておく仕組みです。

 

ルータはフラグメントとパスMTUディスカバリーの使用判断をIPヘッダのフラグフィールド情報に基づいて判断します。

 

具体的にはDFビットで判断します。

起こりうる問題

 

ICMP制限がかかっている場合はICMPのメッセージを受け取れません。

この場合はパスMTUディスカバリーが意味がなさなくなります。

この減少はブラックホールと呼ばれています。

 

-Network

Copyright© ストロテクト株式会社Note , 2021 All Rights Reserved.