Network

OSI参照モデル

 

ネットワークの基本であるOSI参照モデルについて解説します。

 

事前知識

 

OSI参照モデルの話に進む前に事前知識を確認します。

 

プロトコル

 

通信のルール。

プロトコルのまとまりをプロトコルスタックという。

 

OSI参照モデル

 

プロトコルに関する独自のルールを作る流れをとめて統一するために作られたプロトコルスタック。

OpenSystemsInnterconnectionの略。

国際標準化機構が作成。

 

OSI参照モデル

 

ネットワークに必要な機能を7レイヤ(階層)に切り分けたものです。

 

アプリケーション層(L1)

 

アプリケーション固有のルール。

メールアプリケーションの場合添付ファイルの扱いなど。

 

プレゼンテーション層(L2)

 

ユーザーが見て触れるデータの形式を決める。

文字コード、画像形式など。

 

セッション層(L3)

 

アプリケーション間の接続のルール。

接続開始から終了までの決まりなどを決める。

 

トランスポート層(L4)

 

データの伝送方法を決める。

通信の信頼性に関することを決める。

 

ネットワーク層(L5)

 

エンドツーエンドの通信におけるルール。

データ元とターゲットの通信経路全体を指す。

 

データリンク層(L6)

 

ノード間のルールを決める。

衝突(コリジョン)の回避ルールや機器の識別。

 

物理層(L7)

 

機器や電気信号に関するルール。

 

-Network

© 2021 ストロテクトNote