virus

システムウイルスとファイルウイルス

 

システムウイルスとファイルウイルスについて解説します。

 

システムまたはブートセクタウイルス

 

ブートセクタウイルスはMBRをハードウェアディスク上の別の場所に移動させます。

その後、ウイルスをもともとMBRがあった位置にコピーします。

 

システムが起動すると、まずウイルスコードが実行され、次にコントロールがもとのMBRに渡されます。

 

ファイルウイルス

 

ファイルウイルスは、COM、EXE、SYS,OVL、OBJなどといったシステム内で実行されるファイルに感染します。

 

ファイルウイルスは非常駐型とメモリ常駐型に分類できます。

 

-virus

© 2021 ストロテクトNote